笑苗の雑記帳

フラメンコ好き。踊ります。(アイコン写真:大森有起)

パコデルシアが亡くなって10年。

もう昨日になってしまったのだけど、パコデルシアが亡くなってから10年が経ったそうです。

 

んー早いような遅いような。

伝説のギタリストなので、少しでも同時期に生きていたことが奇跡にも感じられます。

 

もしかしたら彼のことを知らない読者もいるかもしれないので、めちゃくちゃざっくりと説明しますね。

 

パコデルシア|Paco de Lucía(1947/12/21-2014/2/25)は、フラメンコのギタリストです。スーパーギタリストです。

 

何がすごいのかというと、テクニックやフラメンコ性はもちろんのことながら、様々なジャンルの音楽を取り入れ、フラメンコを親しみやすくして、広めた人なんです。

 

一番有名な曲はこれかしら?


www.youtube.com

 

フラメンコギタリストに「どうしてフラメンコをはじめたの?」と聞くと、8割はパコデルシアの影響だ答える気がします。笑

 

それほどまでに人々を魅了する音楽を生み出した偉大なギタリストです。

カホンをフラメンコに取り入れた人としても有名ですね。

 

TED-Edにも名前が出ていました。(※英語です)


www.youtube.com

 

お、スペイン語バージョンもありました。


www.youtube.com

 

彼が亡くなった年は、私がちょうど初めてスペインに行った年でした。

全くスペイン語を話せなかったのですが、クラスメイトのギタリストが持っていたパコデルシアの記念切手がどうしても欲しくて、友だちに手伝ってもらいながら郵便局で買った思い出があります。

 

大切にしまったはずだけど…どこに行ったんだろう、あの切手。

 

先日、タイムリーに彼のLINEスタンプを作ってふざけていたのでそれも共有しますね。

f:id:ENAcle:20240226231129p:image

 

そうそう、このスタンプの元ネタとなった「メトロノーム使え」っていうのは、彼のドキュメンタリー映画に出てきます。


www.youtube.com

 

確かワールドツアーの際、ファルーコという踊り手に、

「踊り手も音楽家と同じようにメトロノームを使って練習しなきゃダメだよ」

的なことを言うんです。

 

私は単純なので、それ以降は必ずメトロノームを使って練習しています。

 

10年という節目にちょっとパコデルシアを偲んでみました。

 

 

 

 

 

 

韓国行ってきました!①

「いやいや、ライブ情報じゃなくて、韓国どうだったんじゃい!」とお考えのアナタへ。

 

お待たせしました。

韓国公演がどうだったのか書いていこうと思います〜

 

出発は夜。

羽田空港に集まり、夜中1時半の便で向かいました。

 

今回、パーカッションで参加予定だった容昌さんは直前で来られなくなってしまい、急遽KANさんが参加することに。

飛行機に乗り込む直前が初めての顔合わせとなりました。

 

飛行機ではもちろん爆睡し、気が付いたら韓国。近いですねー。

到着後、ソウルの仁川空港から車で江陵(カンヌン)へ向かいました。

朝の6:30。暗い!

 

KANさんは徳永兄弟と良く共演していて、康次郎さんと仲が良いです。

 

2人の愉快なやり取りが楽しくて、車内では全然寝られませんでした。笑

KANさんは人見知りだなんて言っていたのですが、信じられないぐらいのスピードで打ち解けました。ほんとに人見知りなのか??

 

実は、空港にてあるお方がパスポートを機内に忘れるハプニングがあったので、朝食はスキップ。サービスエリアで各々軽く食しました。

愉快なお2人。目指せワイルドなのだそう。

サービスエリアのガチャガチャ。日本のも多かった。凍っとる。

私はライチグミとピーチヨーグルトドリンクをGET。絶妙に日本にはないラインナップ。

 

車内トーク楽しかったなぁ。

着いたその日のお昼には参鶏湯をいただきました。

サムゲターン。量多かったー!

 

参鶏湯ってめちゃめちゃ健康食ですね。

毎日食べてたらお肌ぷるっぷる&無病息災間違いなしです。

人参のお酒や、すこぶる不味い漢方風のお茶もいただき、健康対策はばっちり。

 

そして、肝心の劇場へ!!

広ーい!

広い〜わーい!

たくさんの現地スタッフが作業を手伝ってくれ、コンパネの準備やサウンドチェックを済ませたのでした。

 

舞台横からの眺めが好きです。カッコイイ。

こういうのもカッコ良くないですか!?

 

そして、劇場の外にはいたるところに『Road』の旗が!

記念写真をたくさん撮りました笑

みんな揃って劇場入り口で記念撮影。

このタイプのもあった!



コントラバスの遠藤さんと再現。

 

夜は、通訳さんのお母様の手料理をごちそうになり、

一番奥の、肉じゃが風料理がめっちゃ美味。なんだったんだろう、あれ。

明日頑張りましょうの乾杯~ゴンべ~

 

セブンイレブンで変な色のアイスを(遠藤さんが)買い、

やばい配色のアイス。開けた後の色味もある意味やばめ。

 

ホテルへ帰りました。

 

修学旅行のような楽しい1日を終え、次の日はいよいよ本番。

後日聞いた話だと、楽しみつつもなんやかんやそれぞれ自室で夜練してたみたいです。

そういうとこ、私大好きよ。

 

本番については別のブログで書きましょうね。

書くぞ書くぞ詐欺にならないようにしなきゃ。

 

10年ぶり!?アルハンブラに出演します!!

 

お次のライブはこちらです!!!

f:id:ENAcle:20240212174319j:image


アルハンブラへの出演は何年ぶりだろう。

もしかして10年ぶり!?

 

良いかな…

当時の写真あげちゃっても良いかな…

あげちゃえ!!

 

f:id:ENAcle:20240212174422j:image

左からカンタオーラの斎藤綾子さん、

バイラオール(?)斎藤克己(私の師匠です)、

そして私。

 

ちょうどハロウィンの日でした。

私の出身校では、ハロウィンに仮装して登校する風習がありまして、その日は鳥になっていました。

鳥のまま電車に乗った記憶があります。笑


今回は残念ながら、鳥はありません。

 

いやーあの頃よりも落ち着いて踊れるかしら⁇

タブラオは相変わらずドキドキです。


ご都合よろしければ是非お越しください❣️


予約はお店に直接か、私にメッセージをくださっても結構です。

お店に予約した場合も、ひとこと伝えていただけると大変嬉しいです☺️


↓↓詳細↓↓

Pepe Maya “Marote”企画

『FlamencoPasion』


【日時】

2024年3月9日(土)

開場:18時

開演:19時


【場所】

アルハンブラ

〒116-0013

東京都荒川区西日暮里5-23-6 ホワイトハウスビル1F


【出演者】

Pepe Maya "Marote"、Manuel de la Malena、Mio Fukasawa、Shiho Kitahara、Jurina、Marie Yasuda、Hiromi Matsushita、Mashiro、Ena Ito

ペペ・マジャ“マローテ”、マヌエル・デ・ラ・マレーナ、深沢美生、北原志穂、JURINA、安田真梨恵、松下ひろみ、真城七子、伊藤笑苗


【チャージ】

4,000円

 

【予約】

電話:03-3806-5017

メール:yoyaku@alhambra.co.jp

 

韓国行ってきます🇰🇷

またもや更新が滞ってますね。

実は、今夜から韓国に行ってきます🇰🇷

 

今回、モダンフラメンコユニット、トランスフォルマシオン(Transformación)の『Road』という作品を韓国で上演することになり、作品創りから携わらせていただきました。

もちろん、踊ります❣️

こちら2024年の韓国江原冬季ユースオリンピック大会記念公演なんです。

改めて文字にしてみると身が引き締まるー!

 

↓詳細↓

TRANSFORMACIÓN『Road』

https://www.gn.go.kr/artscenter/index.do

f:id:ENAcle:20240128231631j:image

 

いつかフラメンコで海外に行けたら素敵だな〜と夢見ていたのですが、夢、叶っちゃいそうです。

 

タイトなスケジュールで、皆さんご多忙の中での舞台創りは大変なことも多かったですが、どうにか出国まで漕ぎ着けそうです!

あとは向こうで演奏&踊るのみ💪🔥

 

また後日談も書きますね〜

 

行ってきます✨

f:id:ENAcle:20240128231731j:image


↓トランスフォルマシオン公式HP↓
TRANSFORMACIÓN lit.link(リットリンク)

 

 

 

新年、2024年。帰国してます再び。

 

2024年になりましたね。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

 

報告が遅くなってしまったのですが、12月4日に帰国しました。

帰国一番は妹との寿司!

しっかり覚えててくれた猫を吸い、

こちらも覚えていた小型犬を思う存分愛でます。

 

帰国の前日にはスペイン国立バレエ団の新作「Afanador」を観に行き、

帰り道では、ギリギリ間に合ったセビージャのクリスマスイルミネーションを夜遅くまで楽しみました。

帰国前日が点灯の日でした。

日本のイルミネーションがしょぼく思えるほどのクオリティ。

 

そして早朝にセビージャを去り、イギリス経由で日本へ。

不思議な色の窓ガラスでした。

 

着いたその週に、ロシオ・モリーナグループのガルロチ公演を観に行きました。

観れて良かったー!!!

 

実は、今回早めに帰国する理由の1つがこの公演。

 

中学2年の時に初めて受講したクルシージョの先生がロシオでした。

そのことを伝えると、まさかの覚えてるよって言ってくれて…。

なんともいえず心臓バクバクになりました。

 

近くで踊りを観れただけでなく、会話もできるなんて、しかも本当かわからないけど覚えてるって言ってくれるなんて…生きてて良かった。

神とのツーショット。

数日前までクラスでお世話になってたオルーコ、そしてジェライとペペとも。

 

同時期に、マルワ財団主催のアデラ・カンパージョのクラスを受けました。

彼女のクラスはセビージャでも受けていたのですが、踊りが素晴らしいことはもちろん、

本当に人柄が素敵で大好きです。

この人は大好きになるしかないです。

 

続いて、Flamencolores主催「Paso a dos」がガルロチにやってきました。

エレガントかつパワフル、それぞれ色が強いのにフラメンコらしさもあって。

 

ステージを観れただけでなく、運よくオルガのクラスを受けることもできました。

小柄でキュートなのに動きはほんっとうにパワフル。

最高の席でした。

もはや4人ともキュート。

野村眞里子さんと一緒に♡(右端にうつるのはカメラマンの大森有起さん)


オルガは、過去にファルキートらと共に来日したことがあります。

そしてその公演は、私が初めて観たスペイン人アーティストの公演でした。それはもう、息が止まるほどの衝撃を受けたのを覚えています。

 

クルシージョ帰り、オルガに「あの公演を観てフラメンコやろう!って決めたんだよー」なんて話もして、夢のようなひとときでした。

 

ここのところ、私のフラメンコ発祥に関わった人と立て続けに会えて、強い縁?運気?のようなものを感じます。

オルガの方が背が高いようです…。

 

そして12月23日には、野村眞里子さん主催のウクライナ支援を目的としたクリスマスライブに出演しました。

クリスマスカラーのバタとマントンでアレグリアスを踊りました。

 

そうして12月を終え、2024年。

年始から、地震そして二次被害と、心の痛いニュースが続いていますね。

何もできないことに無力を実感しています。

 

どれだけ考えても、やきもきしても状況は変わらないので、

今日も踊れることに感謝して、踊り続けようと思います。

 

というかそれしかできない!本当に無力だ。

 

私の踊りが、私の信じるフラメンコが、

少しでも誰かの生きる活力の足しになれば良いなと思います。

 

改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ブログ更新も頑張ります。

 

突然セビージャのタブラオで踊りました…!

 

10月27日の金曜日、12時半ごろ。

私は、1週間ずっと後回しにしてきた事務作業に追われていました。

 

すると、見慣れないアカウントからメッセージが。

 

「タブラオミロンガだけど、本日18時から踊れませんか?」

 

…え??ええー!!!

いいのー!?!?

 

いや待てよ。

 

嬉しさやら緊張やらでプチパニックになりながらも、わずかに残る冷静な頭で考えました。

いくらガッツがあれども、衣装がなければ話にならない。

 

そこで確認したところ…どうにかなりそう!!

過去の私ありがとう!!

 

踊りも衣装も心も全く準備ができていなかったものの、Yesと答えたのでした。

(本当ならいつでも踊れるように準備しとかなくちゃダメですが笑)

 

それから通常のクラスに行き、終わった頃にはもう15時。

クラス中も気がそぞろでしたね。

 

少しだけ持ちネタの確認などして、やりたい構成を考えて、

大急ぎでメイクして、ヘアセットをして向かいました。

 

その日のカンテは、Carmen Yruela(カルメン・イルエラ)、

ギターは、Erika  Gonzalez(エリカ・ゴンザレス)でした。

踊ったのは、グアヒーラとタラントです。

 

カルメンは25歳、エリカは26歳、私も26歳なのでほぼ同い年メンバーでした。

近い年齢同士の舞台だと、ちょっかい出し合いつつ支え合っているような、

フラメンコで遊んでいるような感覚になって楽しいですね。

ギターもカンテも心地良い。

 

もちろん色々反省点はあるけど、とりあえず踊り切りました。

どう見えていたのかは観客に委ねます。

 

ただ、タブラオ公式のインスタアカウントが、ど頭でど緊張して音を外している部分をちょうどストーリーに載せてたのは参りましたねー。

いつ切り取られても良いように踊らなきゃってことかしら。反省。

 

とにかく、バタバタとセビージャにてタブラオデビューを果たしたのでした。

これは、私にとってかなーり大きな意味があること。

 

というのも4年前、フンダシオン在学中に「頑張ればいつかスペインのタブラオで踊れるかなー」と夢を抱いてた私は現実の厳しさに衝撃を受けたのです。

 

まず、日本のタブラオとの大きな違いとして、客層の違いがあります。

セビージャのタブラオに来るお客さんの9割は、フラメンコを初めてみる観光客。

 

となると当然、より“本物“のフラメンコを見たいと考えるので、アジア人であることは大きなハンディキャップとなります。

 

残酷だけど、踊りのクオリティがそこそこでも見た目が美しい人が重宝されるのが現実です。

踊りは視覚メインで楽しむもんだからね。

 

しかも、仕事の獲得方法はほとんど口コミ、というかコネ。

その手の処世術は全然身につけてこなかった&苦手なのでもう絶望です。

 

その上、間が悪いことに、私が滞在してた時にコロナパンデミックも重なりました。

 

一流の踊り手が、

「何年もフラメンコに、踊りに捧げてきたのに、もう仕事がない。清掃員になるしか生きる道はない。」

なんて言いながら泣き崩れる様を目にした私は、

「あたしにゃこりゃ無理だ」

と就職することを決意したのでした。

 

それから月日は流れ、なんやかんや会社員はやめて踊っているけども、セビージャで踊り手として活動することはないだろうと、全然期待していませんでした。

 

今回は、そんな中での出来事だったので、ほんっとうに嬉しかったです。

 

しかも、1月から正式に踊り手として契約したいとのお話までいただいたんです。

うーその頃私は日本だー!!悔しすぎる!!!

 

まぁ例え1回だとしても、日本人だからというわけでもなく、

1人の踊り手としてフラメンコの本場セビージャで、踊りの仕事ができたことを心から嬉しく思うのでした。

 

そうそう、クラスで一緒の子にちょろっと話をしたらわざわざ私を観に一人で来てくれたのよ。泣けるね。

 

ぼんやりと思い描いていた夢が少しずつ現実になっていって、もう死ぬんじゃないかななんて思う今日この頃です。

残りの滞在期間も頑張ります。

 

絶対に二重顎で映りたくないカルメンはこの表情から微動だにしませんでした。

色々そろえてあって良かった。





 

チョコエッグ…ではないらしい

再び欲望に負けました。

スポンジボブのおまけ付きチョコエッグ風お菓子。

 

少し高いのですが、スポンジボブのおもちゃがついてくることの欲望に負けました。

 

スポンジボブ好きなんです。キャラクターの見た目ではなく、アニメが。笑

DVD持ってるレベルには好きです。笑

 

ただ、これちょっと気になるところがあって、

よく見ると我々に馴染みの深いチョコエッグではなさそうなんです。

エッグ形のチョコではない!?ナニコレ。

 

まぁ、つべこべ言ってないで開封してみましょう!

 

ジャーン。

なるほど、エッグの下半分がお菓子なんですね。

なんとなく想像はつきますが、まさかそんなジャンキーなはずはねぇ。

 

ということでお菓子部分開封

悪魔のチョコ菓子。

…めっちゃジャンキー!!!

 

チョコ・オン・チョコですか。

こんなん、パンに塗るアレじゃないですか。

 

まさか、パンに塗った後のスプーンに残ったヤツを口にする、あの背徳感をたっぷり味合わせようと!?

 

正直、甘すぎてキツかったです。笑

コーヒーありでやっと完食できました。甘いの好きなのに。

 

そ!し!て!

お待ちかね、おもちゃ開封のお時間です。

 

ジャジャーン。

あれーパッケージのボブと違いすぎません!?

コレジャナイ感。

 

この中だったらゲイリーが欲しかったなー。

 

とりあえずギターケースにつけてみました。

ギターケースにクリクリボブ。

 

うわっ、ちょっと可愛いじゃないの。

他のも欲しくなる…。もう1つぐらい買ってもバチは当たらないよね?

 

あ、けど、もうあれを食べるのは勘弁です。

チョコエッグの方が良いなー。